So-net無料ブログ作成

こんにちは!当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。

義父母がやって来た! ブログトップ

義父母と別居することになりました。 [義父母がやって来た!]

自分たちではやっていけなくなった義父母と住んで1年になりました。現代的な生活をしようと思うと少ない年金では破綻をきたすので、不要な保険や携帯電話の適切な料金への変更、車の買い替えなどお金に関するめんどうは全て解決して、シンプルに生活できるようになりました。ただ、医療費は年齢的に減らせない様子で心配があると病院には行っています。
 
そして、新たな展開です。
 
同居になったきっかけは戸建ての家を売って息子と暮らしたいということでした。うちは狭いので無理やり子供の部屋を開けて招き入れました。しかし内心は家賃の安い公共の住宅に移って欲しかったのですが、どうしても戸建ての執着から抜け出せない義父母でしたので、いくつかの条件を提示しての同居でした。
 
結果、夏休みに息子が帰ってくると寝る部屋が不足して思った以上に大変でした。
 この先、同じことが続くし間取りを変えてまで(リフォームなどで)無理やり住むほど広くないですから、じっくり話し合って公共の集合住宅に移ってもらうことになったのです。
 
義父の健康問題に加えて、義母の精神的な落ち込みなど問題はありましたが、金銭面での不安が解消したのでしばらくは大丈夫です。(その先はまたその時考えます)
 
公共の集合住宅に申し込むと、無事に連絡があり抽選に当たったようなので、年が変わらないうちに引っ越してもらう予定です。
 
寒空の下、放り出すわけではなく、義母は病院の診断では認知症ではないので、危険なことはありません。内からも近いので、部屋が増えるようなものだろうと思っています。年寄りにすれば寂しい話なのかもしれませんが、言うほど年寄りでもないですし、年齢的にほとんど変わらない私の両親も近くに2人で住んでいますから、特別なことではないと思いました。
 
・・・・年内は片付けなど忙しい日が続きそうです。 
 
 
 
 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

脳梗塞と診断 [義父母がやって来た!]

10月から同居になった義母が、病院で脳血管性認知症と一度は診断されたものの、3度の検査を経て脳梗塞と再度診断されました。

うつ状態にむらがあるだけで、穏やかに日常を送っています。

ちょうど脳梗塞で自分の親を最後まで介護した方の話を聞くことができて大変参考になりました。

このうつ状態は脳梗塞からくるものが多く、口癖で「なんでこんなことになったのか」「誰にも会いたくない」と言う話をしていたそうです。あまりにもうちの義母と同じなので驚きました。

病院では、強い薬を出すとあっという間に治るそうですが、副作用が怖いので1年間は弱い薬で経過を見ていくとのことでした。
詰まっているところが、感情を司るところなのでうつ状態が出てしまっているようです。

ともかく、軽くすんでるということなので、長い目で優しく接するしかないのだなと思いました。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

雨の日は義母の体調が悪い [義父母がやって来た!]

義母は脳血管性認知症と診断されて2ヶ月が経ちます。

おととい、一緒に2kmぐらい買い物を兼ねた散歩に行きました。1時間半かかりましたが、話をしながら草花の名前を言いながら楽しく歩きました。

残念ながら昨日から雨が降っているので、お散歩はお休みです。

今日は私は朝から夕方まで仕事のため家にいませんでしたが、家族の話によると、義母は1日中寝ていたそうです。

表情も心ここに在らずな感じ。

鍋に火をかけたまま忘れてしまったようで、私が消しました。
夕方、義父に言われて洗濯をしましたが、私が帰ってきて洗剤の使いすぎを指摘されしょんぼりしてしまいました。
私も失敗したなと思いましたが、4回ぐらいしか使ってない液体の洗剤がわずかになっていたので言おう言おうと思いつつ、とうとう今日言ってしまった次第です。
また、お風呂の掃除はできないと決めているようで、お風呂は私が準備をするまで忍耐強く待っています。そういうところは認知症とは思えないところです。

明日は雨が上がって少しでも元気になってもらいたいと思いました。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

認知症と傾聴 [義父母がやって来た!]

脳血管性認知症初期の義母さんがやって来て1ヶ月が経ちました。

義母さんは、ちょっとだけ症状が改善されました。最近は、圧力鍋で豆まで煮て私に食べさせてくれました。

ここ1週間ぐらいは、仕事から帰って来ると義母は私と話をするのを楽しみにしています。

困った事は、ギターの練習もままならず、韓国ドラマもストップしてしまうことです。

困っていたところ、

先日、傾聴ボランティアという言葉を耳にしました。テレビで若い大学生が被災した方の家に通って傾聴を続けるというボランティアです。

話を聞くだけと言うのもなかなか忍耐のいる作業です。時には役に立ったり勉強になることもありますが、話がゆっくりなので時間がかかります。

私が義母さんにしている行為は、この傾聴ボランティアと同じだなと思いました。

私は今義母さんの話を聞いて貴重な24時間分の◯時間を義母に捧げています。認知症と言ってもまだまだ正常な部分が多いので、ただの世間話です。笑ったりもします。

もちろん、葛藤もあります。疲れることもあります。

今日は、テレビを見る振りをして会話をしませんでした。これは意地悪でなく、最近、外出を嫌がる傾向にあるので、少し突き放してみようと思ったからです。依存が強くならないようにする、ちょっと実験です。

明日は散歩に誘おうと思います。座って話さないで、歩いて会話するつもりです。

初期の認知症ならば、ほとんど普通の人です。この状態が続くといいなと思い書き残します。

どなたかの参考になればと思いつつ。









nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

同居と認知症と胃がんと私? [義父母がやって来た!]

平凡な日々ががらりと変わって悲惨なことになっているのではないかと、よく心配されます。

去年、義父は胃がんを患い胃を全摘出しました。

今年、義母は脳血管性認知症と診断されました。

そして、二人を引き取って同居となりました。

イメージ的にはすごく悪いですね。家の中がど~んと暗くなりそうな・・・。

周りの人が心配するのも無理ないですが、実は私2人を病人扱いしてません。

できることとできないことがあるにせよ、同じ人間でそれぞれのスペックが違うだけだと思います。

今日は、義母にお化粧して美容室に歩いて連れて行きました。やはり、女は見た目が大事です。

義父は、胃がないのですが、おいしいものを食べたいのは私たちと同じです。私たちは義母の仕事を減らさないように食事は自分たちの分は自分たちで作るようにしています。しかし、認知症なので複雑な料理は苦手です。毎日ではありませんが、今日は餃子を作ったので、義母が作ったご飯に私たちの餃子を1つずつ足しました。それだけで、食卓の会話も弾みます。

今日は美容室に行ったので、義母は気分が良いみたいで夜まで寝ないでリビングで新聞を読んだり食事を作ったりしていました。いつもはベッドに横になってしまうのですが、頭をセットしてもらったので横になれなかったみたいです。(苦笑)かといって、迷惑な顔もしていませんでした。 

今日の義母の失敗は、洗濯機を途中で止めてしまいました。詳しくはわからないのですが、ちょうど今日は私の仕事が休みだったので発見できました。機械にはすごく弱いようですが、失敗を恐れず弱音を吐かないでやろうとするので、本当に手のかからない状態だと思います。

とはいえ、まだ同居は始まったばかり、明日は何が起こりかわかりません。今日のような晴れの日が明日も続くといいなと思いました。 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳血管性認知症 初期症状 [義父母がやって来た!]

認知症にはいくつかあり、うちの義母さんは脳血管性認知症と診断されました。

脳血管性認知症とは、脳の血管が詰まったり切れたりして脳細胞が死んでしまう病気です。だから、本人に罪はありません。病気なのだから進行を遅らせることができたりします。

この脳血管性認知症の特徴は鬱を伴い脳細胞が死んだところの機能低下を起こすので、いくら調べてもそれ以上書いてあるような症状がありません。元々、高血圧なので原因は高血圧のようです。

このブログでは、私が見たままの義母の症状を書くのみで、認知症がどのように悪化または改善されるのかという覚書ですので、主観的という事をご理解くださいませ。

さて、おかしいな?と思ったのは今年の春でした。

いつもなら「ご飯食べにおいで」「孫はいつ帰ってくるの」とうざいくらい電話をよこすのに、よこさなくなりました。自分のご飯も作れないようなうつ状態だったようです。

夏になり、国に納める税金を滞納していて督促状が来て家族会議を開き、病院へはようやく9月に連れて行きました。(本人が行きたがらない)昔の話はよく覚えていて、とても認知症とは思えませんでしたので、老人性の鬱だと思っていました。

すったもんだの末、無事に我が家に同居、脳血管性認知症の片鱗が見えてきました。

まず、頭の痛みで思うように行動できず、時には「こんな私が生きていていいんだろうか」など生きることへの執着心がなくなっています。私も偏頭痛持ちなので、頭の痛みが出た時はブルーな気持ちになるのは一緒かと思いました。

また、小刻みに歩くのが特徴だそうですが、私と一緒にスーパーへ買い物に行く時は、一所懸命歩いて遅れを取るまいと気を使っているのがわかります。

難しいおかずは作れないようなので、いつもキャベツの炒め物ばかり作っています。
昨日は圧力鍋で芋を蒸してあげたら喜んでました。

外には出たがらないので、買い物など用事を作って、足腰の筋肉が落ちないようにしていますが、見ていないと横になっているようです。

義母さんを見ていると、自分はどう生きるべきか考えさせられます。この世からいなくなる選択肢の他に、晩年を生きる知恵を模索中です。義母さんが教えてくれているのは、意外と大事なことかもしれません。

つづく

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

9月30日から同居開始 [義父母がやって来た!]

旦那の両親と同居が決まってから、両親は住んでいた家を売って我が家へやってまいりました。向こうの家の物は捨ててもらったので、うちに持ち込んだ物は洋服や下着など自分たちが使う生活用品のみです。

どうなるかなと思っていましたが、1日目は電気やスイッチの場所を教えたり、ガスコンロの使い方、お風呂の入れ方など老人には難しい事ばかりで、ほぼ一週間は道具の使い方を覚えるのに必死だったと思います

そして、一つここでカミングアウトですが、恐らくお母さんの方は脳血管性認知症のなりかけだと言うことです。

うつ状態が数ヶ月続いていて様子がおかしいので、先日、東京から娘に来てもらい病院に連れて行ってもらいました。検査の結果、脳梗塞を起こしているようです。それが認知症の始まりにもなるそうです。

幸い、二人とも私の言うことをよく聞いてくれてます。世間で言うような嫁姑の様な事はないです。大人しい両親です。

お母さんは自分が毎日思い通りにならないので、自分に嫌気がさしています。

そんなお母さんを見ていると何とかしてあげたくなり、かと言ってどうして良いのかわからず、書籍を調べたりネットのHPなどを見てだいぶ学習しました。

来週、お薬を飲んだ経過を病院で診てもらい方針を決めていく予定です。

今、私の心はどちらかというと穏やかだと思います。ずっと揺れていましたが、落ち着きました。

もしかすると、私がどなたかのブログを読んで安心した様に、私も調べたけど出てこなかった様な赤裸々なことも、いつか誰かの役に立つのではないかと、地味に書いていこうと思います。

日本には介護を必要としている人が200万人居るそうです。そうすると、介護をしている人も200万人居ることになりますね。その中の誰かの役に立つなら、書き残したいなと思いました。




nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

義父母がやって来るの巻 [義父母がやって来た!]

このブログを開設して平凡な主婦として平凡な日常を楽しもうと思っていたら、いつの間にか7年が経過。
TwitterやFacebookの搭乗で時代が変わってもブログを続けます。

さて、予定していなかった「同居」が始まります。「同居」と言っても、義父母がうちに来るんです。

私は扶養範囲内ではありますが働いて銭を稼いで、太極拳と中国茶もレクチャーしたり、忙しいのですが、じぃさんとばあさんの住む所を作るのに旅行にも行けないは、ブログは書けないはで、相当ストレスが溜まり、ついに買っちゃいました。(工事は来週)

リンナイのデリシア!
image.jpg

そんでもって、

Staubの鍋とかLODGEのスキレットとか買っちゃうよ!

ムフッ ムフッ[ウッシッシ]

なんだか楽しくなって来ました!

後は、時間を確保してまたアップします。








nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
義父母がやって来た! ブログトップ